国際結婚をもっと知ろう

中国の方との国際結婚と両親との付き合い

中国の方との国際結婚と両親との付き合い 中国人と国際結婚をする際に日本と大きく異なるのが家族との結びつきが非常に強いことです。
日本でも家族同士の交流を大切にしている家庭もありますが、日本と比較にならないほど両親と子どもの付き合いが深いことが特徴として挙げられます。
日本の昔のような風習が根強く残っており家長が家を守るイメージがあるため、両親の言うことは絶対的となっています。
中国は一人っ子政策を行ってきたので子どもを過保護に甘やかして育てることが多く、親に頼って生活をしてきた人が多いです。
そのため国際結婚の弊害の一つが相手側の両親を納得させる必要があることで、結婚後も円満な関係を築いていくことが望ましいです。
さらに親戚との付き合いも日本に比べると非常に強く、日本では考えられないほど関係が深いことがよくあります。
もしも親戚の人が日本人と結婚した場合にそれを頼って経済援助、来日のための保証人、ピザサポートなどを頼って来ることが考えられます。
もしも納得出来ないことがあるのであればすべてを受け入れずにしっかりと拒否することも時として必要になってきます。
このように日本人同士で結婚するのと異なる点も多いので理解してから結婚をすることが大切です。

中国の方との国際結婚をするときの人付き合い

中国の方との国際結婚をするときの人付き合い 中国の方との国際結婚においては人付き合いというものが、極めて重要となります。
それは、彼らが身内や仲間といったものを大切にするからです。
現代中国における価値観は、公共の理念が強い日本人とは違って、あくまで血縁や地縁が重要視されます。
極端なことをいえば、身内がよければそれでいいという概念ですので、国際結婚を望む際には、そのことを頭に入れておかねばなりません。
血縁や地縁に続くものとしては、利害関係のある結びつきが続きます。
こう書くと、いかにも世知辛く感じられますが、一度仲間と決めた相手には、しっかりと守り合おうとするのが、中国の流儀です。
こうした人付き合いのポイントとしては、常に貸し借りを作るということがあげられます。
たとえば食事1つとっても、割り勘という文化は存在しません。
あくまでも、誰かがまとめて支払い、次の機会に別の人が奢るということを繰り返すのです。
こうして貸し借りを回し合うことによって、繋がりを維持していきます。
だからこそ、そうした習慣を奇異としてとらえるのではなく、受け入れることが大切です。
国際結婚という縁を繋ぐ際には、親類や周囲の人間の助けが欠かせません。
しっかりと人付き合いをこなすことは、なにより自分たちを守る最善の方法でもあるのです。

recommend

新潟でダイエットのサポートをしてくれるパーソナルトレーニング

パーソナルトレーニング 新潟

池袋で歯医者をご利用ならご相談ください。

池袋 歯科

ビットコインを活用していくビットクラブです

ビットクラブ

2018/7/13 更新